スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.10.23 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

九州新幹線、新型列車「さくら」とは?

 3月12日に迫った九州新幹線全線開業
新型列車「さくら」について、新聞記事からご紹介。(2/2日本経済新聞より)

最高時速260kmで試運転を重ねる「さくら」は、
山陽新幹線「N700系」の車両がベースで、外形上はうり二つ。

しかし、

「N700系」が先頭と最後尾の車両に動力源のモーターを搭載しているのに対し
「さくら」は全車両にモーターを搭載。
それは、博多駅と新鳥栖駅の間の筑紫トンネル内の傾斜を越えるためです。
ここは、全国の新幹線網の中で最もきつい坂(勾配走行距離100m当たり高さ3.5m)。
この急勾配を上るため、搭載モーターを増やし、電力変換装置のインバーターなども
追加されたそうです。

その他にも、有数の火山帯を抱える九州。火山灰対策も万全。
車輪とモーターをつなぐギアボックスは、従来はちりなどの混入を防ぐ程度だったが、
新型列車は水も浸入できないほどの密封性を高めているそうです。

最新列車が走る九州新幹線。楽しみですね〜

3月12日より、大人気の「SL人吉」も運行開始。
九州の列車の旅は、魅力大爆発なのです

あなたの熊本の旅をもっと楽しく、アンケートはこちら

九州新幹線車庫にて


スポンサーサイト

  • 2016.10.23 Sunday
  • -
  • 13:25
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック